自動車部品・その他機器部品の冷間鍛造技術による高精度・高強度・低コスト化のご提案

冷間鍛造の特徴

冷間鍛造は常温での加工を行う技術で、温間鍛造や熱間鍛造に比べ高精度・高強度での加工が可能であり、大量生産に向いている為、部品形状によっては安価に加工出来る加工方法です。主に自動車関連部品の加工を行っておりますが、その他ガス容器部品・運搬機器部品・建築用部品等の加工も承っております。

高精度・高強度・低コスト
製造プロセス

機器部品の加工をご検討中の企業様へ

お見積りは、お電話・FAX・メールからご依頼頂けます。
部品図面・加工数量をお伝えいただけましたらお見積りさせていただきます。

【お見積りから納品までの流れ】
お見積り依頼・お問い合わせ ⇒ お見積り ⇒ ご依頼 ⇒ サンプル製造 ⇒ 量産・納品
(お見積り後、納期に関するお打ち合わせをさせていただき、サンプル製造後、加工部品の調整・図面直しを行った後、本製造をさせていただきます。)

お見積り・お問い合わせ:加工部品図面FAXでのお見積り可能です。TEL:072-361-5115 FAX:072-361-4056 お見積り・お問い合わせフォームはこちら

自動車産業をはじめ、幅広い分野で高い評価をいただいております

弊社は1960年代初期、時代に先駆け冷間鍛造に進出。
以来、常にお客様の幅広いニーズにお応えしてきました。ますます厳しくなる品質要求に対してもISO9001:2008認証取得をするなど十分にお応えできる体制を整えております。
冷間鍛造以外の加工方法による製品のご相談にも、弊社のネットワークを駆使しお応えしております。
今後、ステンレス製品やアルミ製品の分野でも冷間鍛造技術の需要が増えると予想されます。
既に製品化しておりますが、今後の研究課題としても積極的に取り組んでおります。
多様化する時代のニーズを的確に捉え、ユーザーの皆様のご要望にお応えできるよう日々研鑽を積み重ねていく所存であります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

新着情報

2017/03/17

革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金を採択されました。

2017/01/06

創業100年を迎えました。 ありがとうございます。

2016/12/08

経営力向上計画の認定を受けました。

2016/05/10

3次元測定器・画像寸法測定器を導入しました。

2015/09/02

サーボプレスを導入しました。

2012/05/09

製品紹介追加

2012/04/26

ホームページをリニューアルしました。

上野鉄工所:ページの先頭へ戻る